【仕事を辞める理由Top10】仕事を辞める理由で一番多いのは?

みんな気になる、仕事を辞める理由。

一体、仕事を辞めた人はどんな理由で辞めたのか。
一番多い理由は?

そして、転職の成功と失敗を分ける理由とはどんなものか。
果たして自分も仕事を辞めるべきか。

これらの疑問にお答えしよう。

 

仕事を辞める理由とは

1つの会社で最後まで立派に勤め上げることに美学を求める時代は終わった。
今や転職なんて当たり前。より自分らしく働ける環境を目指して積極的に出ていく時代。
それでは、実際に仕事を辞める理由で多いのは、どんな理由なのだろうか。

 

仕事を辞める理由Top10

1位:給与や福利厚生への不満
(給与が低かった、休日や残業手当、通勤手当、ボーナス無し、などの待遇が良くない)

 

2位:職場の人間関係が悪い
(同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった)

 

3位:上司・経営者への不満
(上司の理不尽さにうんざり、社長のワンマン経営)

 

4位:労働時間・労働環境への不満
(無茶な仕事、能力を超える仕事量、制約が多すぎる)

 

5位:仕事内容への不満
(やりがいを感じない、仕事柄プレッシャーが大きい)

 

6位:会社・業界の安定性、将来性に悲観
(会社の経営方針・経営状況が悪化した)

 

7位:経営理念や社風との不一致
(堅苦しすぎてのびのび仕事できない、緩すぎて全員の仕事が雑)

 

8位:昇進・評価への不満
(正当に評価してもらえない、仕事ができない先輩より少ない給料に嫌気がさした)

 

9位:キャリアアップのため
(他にやりたい仕事がある、同じ仕事ばかりで成長できない)

 

10位:勤務地への不満
(今の勤務地に不満、転勤先に不満、海外出張が多い)

 

・仕事を辞める理由Top10まとめ

上記の「仕事を辞める理由」一覧は、いずれも仕事を続けるには難しい理由ばかり。

明らかに今の自分を不幸にしていたり、将来に対する希望を感じさせない。
自分の人生を考えた時、この現状を変えなければならないと思うのは当然のことで、
仕事を辞める理由としては十分共感できるものばかりだ。

だが、仕事を辞める理由としては説得力が弱いと感じないだろうか。
果たして本当に、給料が安い、という理由で仕事を辞めるだろうか。
上司がムカつくという理由で、転職を決断できるだろうか。

 

仕事を辞める理由のリアル

仕事を辞める人は一つの理由で辞めることを決断するわけではない。
いくつもの辞めたい理由を抱えていて、毎日我慢と苦悩を続け、ある日ついに限界を迎える。
その限界を迎えた時に見えてくるものが、その人に仕事を辞める決断をさせる。

その決断をさせるものとは、「危機感」である。
「今スグに辞めないとヤバいことになる!」という焦り。
この危機感こそ、仕事を辞める人と続ける人の境界線になる。

これこそが、転職活動のモチベーションを支えるものであり、辞めるべき理由となる。
そして、転職後に転職したことを後悔することもない。

 

本当に辞めるべき理由とは

本当に仕事を辞めるべき理由とはどんなものか。
仕事を辞めた後に後悔しない理由とはどんなものか。

 

なぜ、あなたは仕事を辞めないのか

会社という環境はストレスが多く、得られるものは少ない。つまり、割に合わない。
それでも仕事を辞めないのは、辞めない方が安全だという計算があるからである。

人は安全を求める生き物である。
何かの選択に迫られた時、必ずどの選択肢が最も安全かを比較検討し、最も安全な選択をする。

しかし、たいていは現状の維持を選ぶ。
新しい選択にはあまりにも不安要素が多すぎるからだ。

例えば、仕事を辞めようと思っても、

  • 転職の進め方がわからない
  • 面接でどのように答えるべきかわからない
  • 面接で訴えるべきアピールポイントがわからない
  • 新しい職場に馴染めるか不安
  • 新しい職場で活躍できるか不安

などの不安が次々と湧き上がり、転職に失敗するイメージしかわかない。
だから、転職に失敗して人生を棒に振るよりも、より安全な、現状維持を選ぶ。
つまり、仕事を続けるわけである。

仕事を辞めない人は、辞めることの先に予想されることにビビっている。
だから、いつまでも文句を言いながらも現状に甘んじている。

 

転職を決断させるもの

現状を変える力は、危機感である。
身の危険を察知した瞬間、予測される危険な事態を避ける決断と行動を起こす。

例えば、空爆と治安の悪化がひどいから、より安全な地を求めて移民になる。
あるいは、夏休み終了直前、先生に怒られるのが怖いから、宿題に取りかかる。

転職に関しても同じ。
現状の先に予想される未来が不幸なものだという確信ができた時、やっと仕事を辞める決断ができる。
つまり、転職は危機を回避するために行う。

 

本当に仕事を辞めるべき理由とは

人が仕事を続けるには理由がある。
それが辛い仕事を続ける上での心の支えになっている。
働く意義、やりがい、充実感、納得感といったものだ。

だが、その心の支えが壊れた時こそ、仕事を辞めるべき時である。
例えば、

  • 健康を害してまで今の仕事を続けるべきではないと気付いた。
  • やりがい、楽しさを感じていた仕事を続けることができなくなった。
  • 得意な仕事が評価されなくなった。
  • 低い給与がさらに低くなった。

もちろんどんなに心を折られても、仕事への取り組み方を工夫してこれらの難局に対応することも可能。
だが、どんなに工夫をしてもダメだった時は、外に答えを求めるしかない。
つまり、辞めるしかない。

仕事を続ける心の支えは、本人にしかわからない。
何に価値を見出し、何に充足感を感じて仕事をしているのか。
それは個人の考え方によって違うし、仕事内容、労働環境によっても異なる。

だから、本当に辞めるべきかどうかは、本人にしかわからない。
つまり、辞めるべきかどうかは、自分で結論を出すしかない。

 

本当に仕事を辞めるべき理由の見つけ方

転職を成功させる人の仕事を辞める理由には、必ず人生観と仕事観が含まれている。
だからこそ、仕事を辞める理由には人生をかけた「覚悟」が現れる。
その覚悟からにじみ出る積極性が、言葉や表情に説得力を持たせる。

 

自分の人生と仕事の関係を見直そう

仕事を辞めたい人のために、仕事を辞める覚悟を問う質問を用意した。
答えられるかどうか、試してみよう。

質問

  • 生きる上で何を大切にしているのか、働く上で何を大切にしているのか。
  • どういう理由で今の会社、今の仕事を選んだのか。
  • どういう理由で今の会社、今の仕事を続けているのか。
  • 辞めずに済む方法は本当にないか、それはすべて試したのか。

これらの質問に答えられないなら、仕事を辞めるのはまだ早い。

「自分の人生には今の仕事を辞めることがどうしても必要だ。」
「自分の人生は誰にも邪魔させない。」

こうした思いが無ければ、上司の引き留めに苦労したり、転職活動では失敗する。

本当に転職の必要性を感じていれば、上司の引き留めに屈しない。
たとえ脅されても、人の良心に受けこむ卑怯な言い方にも、自分の意志を曲げることはない。

また、転職活動中の企業選び、仕事選びに妥協しない。
妥協は必ずのちの後悔を呼ぶ。

そして、転職先のどんな苦労を受け止める器量が備わっている。
だから、転職して後悔するようなことはない。

仕事を辞めたい気持ちはよくわかる。
だが、次に始めるのは転職サイト登録でも、面接対策でもない。
まずは、自分の人生における転職の必要性をよく理解することなのである。

 

まとめ

転職活動の場で志望動機を聞かれた時、あるいは上司に仕事を辞めることを伝える時、前向きな内容で答えることが推奨されている。

だが、人生観や仕事観を把握できたうえで転職を決断した人にとって、仕事を辞める理由は積極的なものにしかなり得ない。
だから、どんなに卑怯な手で上司に引き留められても、断る勇気がある。
そして、面接で前職を辞める理由を聞かれても、堂々と答えることができる。

ハッキリ言って、仕事を辞める理由など、何でもいい。
重要なのは、自分の人生にとって仕事を辞めざるを得ないという理解なのである。

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.