仕事を辞めたいけど言えない時の対処法

「大変申し上げにくいんですが、会社を辞めたいと思っています。」
なかなか言えないこの言葉。
そして、どんどん時間だけが過ぎていく。

しかし、考え方を見直せば、うまく伝えることができる。
それどころか、円満退職、そして新しい門出を応援してくれるだろう。

大切なのは、タイミングでも、言い方の問題でもない。
内面から湧き上がる前向きな気持ち。これがキーポイントになる。

それでは、仕事を辞めたい言えない時の対処法について、解説しよう。

 

仕事を辞めたいけど言えない時とは

次の転職先が決まった、あるいはその他の事情で辞めることを決めた。
次にしなければならないのは、辞める意思を伝えること。
しかし、これがなかなか言えるものではない。

言えない理由はいろいろある。
例えば、

  • 上司が辞めさせてくれなさそう
  • 辞めたい理由をうまく言えなさそう。あるいは、とても言えない理由。
  • 忙しい中去っていくことで、同僚に申し訳ない。
  • 同僚にいろいろ言われそう、言われたくない。
  • 親に怒られそう

中でも特に多いのは、上司に対する言いにくさ。
なんだか怒られそうとか、言いくるめられそうな気がするからだ。
もちろんできる事ならどちらも避けて通りたい。

実は、辞めたい意志をうまく伝えるコツがある。
気持ちの持ち方ひとつで説得力はガラッと変わる。
その先にあるのは円満退職。そして、きっと新しい門出を周囲は応援してくれるだろう。

それでは、次章以降、仕事を辞めたい意志をうまく伝えるコツについて解説する。

 

仕事を辞めたいけど言えない時の対処法

言うべきことをなかなか言えないのは、不安が邪魔をしているからだ。
だから、仕事を辞めたいという意思をうまく伝えるためには不安を解消すればよい。

 

仕事を辞めたいと言えない理由

仕事を辞めたいと言えないのは、言った後に発生する事態に不安を感じているからである。
それが怖いから、なかなか言えない。
例えば、

 

・仕事を辞めたい理由がネガティブ

仕事を辞めたい理由が、給与が低い、人間関係がイヤ、仕事がつまらない、経営不振など、
現状に対して否定的なものだと、なかなか言いにくい。特に上司には。

なぜなら、辞めたい理由を素直に伝えてしまうと、険悪な関係になることが容易に想像できるからだ。
その先に考えられるのは、上司からのダメ出し、叱責あるいは引き留め。
しかも、その引き留めに負けてしまうかもしれないという不安もある。

 

・まだ、転職先が決まっていない

とにかく労働条件、労働環境が厳しく、とにかくこの場から逃げ出したい。
そんな思いから、今まず辞めてしまいたいと思う人もいる。

しかし、転職先が決まっていない状態で、辞めたい意志の伝達は難しい。
なぜなら、次が決まっていないと、収入がなくなるというリアルな問題が発生するから。

無論、収入が無くなれば生活はできない。貯金も少なければ問題はもっと切実なものになる。
その不安が辞めたいと言わせないのである。

 

・本当は辞めたくない

今の仕事が好き、職場の人間関係に満足など、現職に対する愛着があると、辞めたいとは言いにくい。

なぜなら、その人にとって、仕事を辞めたいと伝える事は、別れのあいさつのようなもの。
満足しているものを手放すのはとてもつらいこと。
もう同じものが手に入ることはないと思うと、なかなか言い出せるものではない。

 

仕事を辞めたいけど言えない時の対処法

仕事を辞めたいという意思をうまく伝えるためには感じている不安を解消しよう。

・仕事を辞める理由がネガティブなら、辞める理由をポジティブなものにする。
辞める理由が現職に対する不満でなく、外部に目を向けた積極的姿勢に基づくものであれば、引き留めにくい。

・まだ転職先が決まってないなら、転職活動を開始する。
転職活動で内定が出れば、収入面での不安が解消され、現職に依存する必要は無くなる。

・現職への未練が残っているなら、辞めざるを得ない理由を再認識する。
どんなに今の仕事や職場の人間関係に満足だったとしても、もっと満足できる理由で仕事を手放した理由があるはず。
人生は選択の連続、何かを手に入れる時は何かを手放さなければならない。

いずれにせよ、「今の自分がすべきことは何なのか。」としっかり認識できれば、
無駄な不安や余計な心配に惑わされず、堂々と言うべきことを言うことができる。
たとえ、それが相手を傷つけても、である。

上司が辞めさせてくれないから、怒られそうだから、辞めたいと言えない。
だから、嫌々ながら今の仕事を続けている…

こんなバカなことはあってはならない。
仕事を辞めるのは一体誰のためなのか。
人生の決定権は誰にあるのか。

それを忘れていないだろうか。

 

仕事を辞めたい意志をうまく伝えるコツ

仕事を辞めたいとなかなか言えない人のために、その意思をうまく伝えるコツをご紹介しよう。

 

コツ① タイミング

仕事の引継ぎ等の問題もあるので、遅くとも1-2か月前には言うべき。
1か月以内だと引継ぎが不十分になりやすく、お互いに印象が悪い。

引継ぎは意外に時間がかかる。
仕事の進め方、手続きの方法、資料の保管場所などを整理して伝えるのだけだと考えがちだが、これがスムーズにいかないのだ。
これまでのやり方に文句を言ったり、辞める前にこの仕事は片づけていけとか言ったりする。

職場に残り、あなたの仕事を任される人にとって、仕事が増えることは歓迎できない事態。
嫌味の一つや二つ、言いたくもなるだろう。
そこは理解してあげよう。

こうした不要なイライラをお互いに少なく抑えるためにも、
仕事を辞めたいという意思は、できるだけ早いタイミングで伝えるべきである。

 

コツ② 前向きな理由を伝える

仕事を辞める意思を伝える時は、理由もセットで説明する必要がある。
そして、その理由は、誰にも否定されないものであることが理想的だ。

そのためには少なくとも前向きなものでなければならない。
不満があるから辞める、ということでは間違いなく衝突が起こる。
それは、残された者に対する暴言と同じだから。

さらに、熱意を感じるものでなければならない。
どこからか拾ってきたようなことを述べても相手を説得することはできない。
自分の気持ちにしたがって、自分の言葉で話すものでなければ、相手の心を打つことはできない。

そこで、「熱意」を感じる「前向き」な説得力のある理由を作るヒントを用意した。
以下の四つの質問に対する答えが辞めたい理由を説得力のあるものにしてくれるだろう。

質問① 生きる上で何を大切にしているのか、働く上で何を大切にしているのか。
質問② どういう理由で今の会社、今の仕事を選んだのか。
質問③ どういう理由で次の会社、次の仕事を選んだのか。
質問④ 辞めずに済む方法は本当にないか、それはすべて試したのか。

これらの質問に対する答えこそ、あなたが仕事を辞めざるを得なかった理由。
そして、伝えられた側としては応援したくなる理由なのである。

 

コツ③ 感謝する

どんなにひどい会社、辛い仕事だったとしても、感謝の気持ちを忘れるべきではない。

現場にいる時は、苦しいことばかりが目についてデメリットばかりに感じるが、
努めて冷静に考えてみるとメリットも無くはない。

例えば、安定した収入は生活そのものを可能にし、雇用契約によって様々な恩恵があった。
仕事上の様々な経験は、社会人として、人間として成長させた。
実は、雇ってもらえたことで助けられた点もある。

この点を再認識できていれば、仕事を辞めたいと伝える時の態度、言葉使いは自然と丁寧になる。
そして何よりも、無用の職場の混乱を避けるために、できるだけ早く伝えようと思うだろう。
その自然に発生する前向きな姿勢は、決して拒否されることはない。

 

まとめ

仕事を辞めたいという意思は、正々堂々と伝えるべきで、それを伝えられた周囲の人々も元気に送り出すべきである。

これを可能にするのは、辞めたい本人の前向きな気持ちと熱意。
「今の私には転職しかなかった。」
これを伝えることができれば、誰にも否定することは難しい。

それでも引き留める上司がいたとしたら、それは部下を思いやれない自分本位の人間だったと言うこと。
その時は、むしろ辞めて良かったと思えばいい。

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.