仕事を辞める「勇気」の作り方

優秀な人ほどサッサと辞めていく。
一方、いつまでも今の仕事に残っている自分は優秀ではない証拠なのだろうか。
それとも仕事を辞める勇気を出せない臆病者なのだろうか。

仕事や会社に不満がある。なんとかしてここを飛び出したい。
しかし、それを実現する人としない人がいる。
この違いはどこから来るのだろうか。

実は、仕事を辞めるかどうかは、勇気の問題ではない。
もっと自分の内面に根差した問題である。

それでは、仕事を辞める人を突き動かす勇気の本質とは何か。
そして、仕事を辞めるための勇気の作り方について、解説しよう。

 

仕事を辞める人と仕事を続ける人の違い

仕事を辞めたい思いがどんなに強くても、結局仕事を続けている人がほとんどだ。
しかし、中には実際に仕事を辞める人もいる。
仕事を辞める人と続ける人は、一体何が違うのだろうか。

 

仕事を辞める人の特徴

仕事を辞める人に共通するのは、モチベーションの高さである。
判断は早く、揺るがない。とにかく転職を前に前に進めていく。
だから、仕事を辞めると決めたら、次の瞬間には転職サイトにアクセス、登録。

辞めるべき理由がどうとか、辞める最適なタイミングとか考えない。そんな暇はない。
新しい仕事への熱意と今までの実績で勝負をかける。

そして、何でもやる。
今の仕事が忙しかろうが、貴重な休日がつぶれようが関係ない。
とにかくベストを尽くすことに必死。

 

仕事を続ける人の特徴

一方、仕事を続ける人は、いろいろ悩み、いろいろ調べたりするが、結局めんどくさくなって考えることを止めてしまう。

もちろん、現状は変わらない。
現状を変える努力をしていないから、当然。

だから、何も解決しない。
そして、またうんざりする毎日と戦う日々である。
一体いつ、本当に仕事を辞めるというのだろうか。

 

仕事を辞める人と続ける人の違い

仕事を辞める人と続ける人の違いは一体何なのだろうか。

実は、仕事を辞めるか続けるかは、勇気の問題ではない。
仕事を辞める事の必要性が理解できているかどうかの問題である。
つまり、「俺には転職が必要だ!」と心の底から思えるかどうかが、実際に仕事を辞めるかどうかを明確に分ける。

はたして、今の仕事を辞めたいと思っている人は、辞めなければならない理由を答えることができるだろうか。

 

仕事を辞める勇気の正体とは

仕事がどんなに嫌でも、その仕事を辞める必要性の理解が欠けている限り、辞めることはない。
なぜなら、それが最も安全な生き方だからだ。

 

勇気とは何か

人間は、安心・安全を選ぶ性質がある。
だから、リスクや不安をわざわざ選ばない。
そして、この時、勇気は必要ない。

ところが、様々な事情で「強制力」が働くとき、我々は不安やリスクにも立ち向かうことができる。
つまり勇気を出すことができる。

強制力には2種類ある。
1つは、他者あるいは他者との関係から生じる圧力。
例えば、上司の指示、自治体からの命令、社会のルール、恩義など。

もう1つは、自分の内面から促される圧力。
夢の実現、明るい未来志向、現在または未来の苦痛からの逃避など。

つまり、わざわざリスクに踏み出させるほどの強制力とは、自分の身を守る意思が働くときに生じる心理的な圧力のこと。
この焦り、危機感が、踏み出せない人の背中を協力に押す。

 

仕事を辞める勇気とは

仕事を辞めたいと思っても、実際に辞めようと考えた瞬間、強烈な不安に襲われることになる。
例えば、

  • 上司にいつ、どのように伝えればいいのか
  • 転職の進め方は
  • 面接の受け答えは
  • 転職先でやっていけるのか

そして、すっかりビビってしまい、様々な言い訳を探す。

  • 今はそのタイミングではない
  • 仕事に自信をつけてから
  • あと一年頑張ってみよう

こうして何とか着地点を見つけ、踏み出さないことにする。
これは勇気を出さない自分の正当化である。

しかし、辞めなければいけない事情が発生すると事態は急変する。
不安やリスクは吹っ飛び、即決、即行動に出る。

その事情とは、辞めなければ自分にとって不幸が待っていることに気付くこと。
それは、業界の変化かもしれないし、会社の経営状況の変化かもしれないし、
人事異動かもしれないし、プライベートな事情かもしれないし、ある種の気づきかもしれない。

いずれにせよ、この辞める必要性の理解こそ、仕事を辞める勇気の本質である。

 

仕事を辞める理由とは

辞めなければいけない事情は、個人によって全く異なるため一概に言えない。
その人が勤める会社、業界、仕事の内容と、その人の価値観、信念、考え方の相性によるからだ。

だから、今の仕事を辞めるべきかどうかは、他人が決めることはできない。
自分と徹底的に向き合い、納得できる答えが見つかるまで探すこと。

そこで、次章では、仕事を辞める理由を探すヒントを用意した。
ぜひ参考にしてもらいたい。

 

仕事を辞める勇気を出す方法

仕事を辞める勇気を出す方法は、意外にも簡単。
今の仕事を辞める必要性を確認し、理解を深めればいい。

 

ステップ① 仕事を辞める必要性を確認する

仕事を辞めるには、仕事を辞める必要性の理解が不可欠。
この理解が深いものであるほど、仕事を辞めるモチベーションになり、勇気を出すことを容易にする。
そこで、今の仕事を辞める必要性を理解するために、理解度テストを用意した。
以下の質問に対して答えられるかどうか、試してみよう。

今の仕事を辞める必要性の理解度テスト

質問① 生きる上で何を大切にしているのか、働く上で何を大切にしているのか。
質問② どういう理由で今の会社、今の仕事を選んだのか。
質問③ どういう理由で今の会社、今の仕事を続けているのか。
質問④ 辞めずに済む方法は本当にないか、それはすべて試したのか。

これらの質問に答えられるかどうかで、仕事を辞めたいという思いが本物なのか、それともわがままなのか明確に区別できる。

仕事を辞めることが人生に与えるインパクトは大きい。
仕事内容、人間関係、生活環境、すべてがガラッと変わる。
その衝撃に耐えられるほどの決意が無ければ、様々な障害に負けてしまうだろう。

例えば、

  • 上司に辞めることを言いづらい
  • 上司の引き留めに合う
  • 転職活動で、会社選びに妥協する
  • 面接でビビる
  • 転職先で後悔する

しかし、仕事を辞めたい気持ちが本物なら、こんなものに屈しない。
転職で実現したい目標はゆるぎなく、一切、妥協しない。
邪魔する敵には脅されようが、言うべきことを相手の話を遮ってでも言う。
そして、目標の実現のためなら多少の強引さもいとわない。

そんなことが可能なのは、こっちには人生がかかっているからだ。
転職は人生をかけた戦いだ。絶対に妥協も敵の介入も許してはならない。

仕事を辞める理由(必要性)は、自分の人生において絶対に譲れないものでなければならない。
だから、上に示した四つの質問に答えられないのなら、まだ仕事を辞めるのは早いと言える。

 

ステップ② 仕事を辞める必要性の理解を深める

今の仕事を辞める必要性を理解できたら、この理解を深めよう。

人間は、基本的に不安や恐怖を避けて生きている。
だから、リスクを避け、安心で安全な選択肢を選ぶ。
つまり、基本的には、人間は環境の変化を望まない。

ところが、積極的に環境を変化させるときもある。
それは、環境を変化させた方が安心で安全だと気付いた時だ。

例えば、人類が存続できているのは、食糧危機や他民族からの侵略から身を守るために、積極的に住む地域を変えたから。
あるいは、会社が存続できているのは、時代の変化に対応するために、あえてリスクに挑戦し続けたから。

仕事を辞めることも同じ。
仕事を辞めた方が、自分にとって安心で安全なものだと理解できれば、仕事を辞めることなど造作もないことだ。
そこで、想像してみよう。

  • 今の仕事を続けることで失うものは何か
  • 仕事を辞めないことがどんなに自分にとって不幸な事態を招くのか

これを徹底的に考え、自分を精神的に追い込もう。
大切なものを失うことを想像して平気でいられる奴はいない。
そして、ついに、

今の仕事を続けていたら、ヤバいことになる!

と思えるようになったら、もう仕事を辞めるべきかどうかで悩んではいないだろう。

 

まとめ

人間は、より安心で安全な選択肢を選ぶようにできている。
仕事を辞めないでいるのは、今の仕事が一番安心で安全だと感じているから。

ところが、今の仕事を辞めないでいることが自分にとって安心安全でないとわかったら?
今すぐにでもその場から逃げ出したくなるはずだ。

その決断を出すためには、自分や自分の人生への理解を深める必要がある。

  • 生きる上で何を大切にしているのか、働く上で何を大切にしているのか。
  • どういう理由で今の会社、今の仕事を選んだのか。
  • どういう理由で今の会社、今の仕事を続けているのか。
  • 辞めずに済む方法は本当にないか、それはすべて試したのか。

仕事は辞めたいと思うから辞めるのではない。
辞めざるを得ないから辞めるのである。

 

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.