仕事を辞める「逃げ」の心理と「攻め」の心理

転職活動を成功させる人にとって、仕事を辞めることは「逃げ」ではなく、「攻め」である。
転職活動を通して、人生における大切なものをつかみに行こうとマジで考えている。

だが、仕事を辞めたいと悩んでいる人にそういう前向きな姿勢があるだろうか?

辞めざるを得ない理由、次の職場に感じる確かな希望、やっていける自信。
こうしたものを自覚していなければ「逃げ」と言われても仕方ない。

しかし、「逃げ」の気持ちも、あっという間に「攻め」の気持ちに変えることは可能だ。
それでは、仕事を辞めることを「逃げ」から「攻め」に変える方法を解説しよう。

 

仕事を辞めない人は、何から逃げているのか

斜陽産業、経営不振、理不尽な上司に殺人的仕事量、そして安い給料…。
辞める理由なんていくらでもある。
だが、ほとんどの人は結局、辞めない。

辞めることができない人は、辞めることに関していろいろと不安を抱えている。
例えば、

  • 転職活動の進め方がまるでわからない。
  • 面接で何をどうアピールすればいいかわからない。
  • 上司に辞めることをどう伝えればいいかわからない。
  • 転職先でうまくやっていけるのかわからない。

こうした不安が辞めたい気持ちを萎えさせる。
つまり、実際に辞めることを想像したときに予想される不安からも逃げている。

今の仕事がイヤ、仕事を辞めるのもイヤ。
どんなに逃げ道を探したって出てくる答えは一つしかない。
愚痴りながら辞めないこと。

ところが、実際に仕事を辞める人は、もう少し考えることが広くて深い。
それでは、仕事を辞める決断を下した人は、どのように考え結論を下すに至ったのか、次章で解説しよう。

 

仕事を辞める人が感じている「逃げ」と「攻め」の心理

仕事を辞めることを逃げずに決断するには、仕事に対する考え方を見直す必要がある。
狭い視野で考えても問題は解決しない。
解決のヒントは、たいてい視野の外にある。

 

人間の心理

人間は、自分にとって安心・安全な選択肢を選ぶ。
だから、基本的には、環境を変えることを嫌がる。
つまり、未知の世界に飛び込み、リスク・不安・緊張感といったものに怯えるよりも、慣れ親しんだ今の環境を選ぶのだ。

会社でもこうした光景は頻繁にみられる。
「やったことが無いからできません」とか「実績がない」とか「○○が無い」などと、
その人(あるいは会社)にとって初めてのチャレンジは難癖をつけて避けようとする。

仕事を辞めることに関しても同様。
仕事を辞め、新しい環境に飛び出す決断を下すことは稀だ。

だから、仕事を辞めることができない人は、優柔不断、臆病、自信がないのではない。
人間として通常の反応を示しているに過ぎない。

 

仕事を辞める決断する瞬間

ところが、人間として通常の反応を乗り越えて仕事を辞める決断を下す人もいる。
なぜ、そんなことが可能だったのか。

答えは、「仕事を辞めた方が自分にとって安心・安全だ」と確信したからである。
つまり、仕事を辞めないと「将来、自分は不幸になる」と気付いたのである。

この時に感じる焦り、恐怖心といったものが、ついに決断を下す。
「もう、ここにはいられない。」と。

気付いてしまったら、悩む時間なんてありゃしない。
即決だ。
今までウジウジ悩んでいた不安なんて、完全に吹き飛んでいる。

 

仕事を辞める人の動機が前向きな理由

仕事を辞める決断ができる人は、今の仕事を続けることの未来を予測し、
そこで失うもの、失うことによる不幸やデメリットを確信できたからこそ、辞める決断を下すことができた。

そして同時に、大切だけど失いそうなもの、小さくても自分の誇りといったものを新天地でつかむ意思表示でもある。
それはまさに「攻め」の姿勢であり、動機も前向きなものになる。

それほど彼らは、自分の人生、自分の信念、働く意義をよく理解している。
これが、「辞めたい」とただ悩み続けているだけの人との大きな違いである。

本当に仕事を辞めたいのなら、人生、仕事観、信念といったものから見直す必要がある。
そうしてこそ、はじめて今の仕事を「辞めざるを得ない理由」を見つけることができるだろう。

 

辞めたい気持ちを「逃げ」から「攻め」に変える方法

辞めたいと悩んでいるだけでは、結局仕事を辞める決断を下すことはできない。
仕事を辞める必要性を自覚する必要がある。

 

本当に仕事を辞めるべきかを問うテスト

仕事を辞めるには、仕事を辞める必要性の理解が不可欠。
そこで、今の仕事を辞める必要性を理解するために、テストを用意した。
以下の質問に対して答えられるかどうか、試してみよう。

今の仕事を辞める必要性の理解度テスト

質問① 生きる上で何を大切にしているのか、働く上で何を大切にしているのか。

質問② どういう理由で今の会社、今の仕事を選んだのか。

質問③ どういう理由で今の会社、今の仕事を続けているのか。

質問④ 辞めずに済む方法は本当にないか、それはすべて試したのか。

これらの質問が、あなたの人生観、仕事観をあぶりだす。
仕事を辞めるべきかどうかは、自分の人生観、仕事観に照らし合わせて行うものだ。
つまり、これらが判断の軸になる。

だが、答えられない人は、辞めるべきかどうかの判断ができない。
悩む方針が立たないから、何をどう考えるべきかわからない。
だから、結局同じことをグルグル考えて、疲れてしまい、結局悩むことを止める。
そして変わらない明日がまたやって来る。

誤解してはいけないのは、仕事を辞めることが大事なのではないと言うこと。
自分の人生観、仕事観、信念といったもので判断したものであれば、
決断な内容がどんなものであれ、明るい未来を実現できるだろう。

  • 自分は人生をどんなものにしたいのか
  • その人生の中で仕事はどういう位置づけなのか

いつか必ずそれを軸に人生をかけた決断をするときが来る。
その時に慌てないために。そして、人生を生きがいのあるものにするために。

 

まとめ

結局のところ、仕事を辞めるかどうかは、仕事を辞める必要性に気付いたかどうかによる。
だから、仕事を続けている人は、優柔不断でも意志が弱いわけでもない。
逆に、仕事を辞めた人は、決断力があるわけでも、スキルが高いわけでもない。

人間は、より安全で、安心な環境を選び、行動する。
つまり、人生は、逃げの連続。

仕事を辞めない人は、続ける方が安心、安全だと知っているから。
転職に失敗して無駄に時間とエネルギーを消費し、無駄に傷つくことから無事逃げることができている。
ある意味、賢明な判断をしている。

だが、もし、いい加減に気持ちに整理をつけたいのなら、
人生観、仕事観から見直すことで、きっちり結論を下すことができる。

納得して仕事を辞めるのか、納得して仕事を続けるのか。
それは自分を向き合うことでしか決めることができないのである。

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.