転職してすぐ辞めるメリットとデメリット

「こんなはずじゃなかった。」「会社に騙された。」

転職してみてないとわからないことがある。そこで初めて気付く問題点もある

そこで頭をよぎる「この会社も辞めるべきなのか?」という疑問。

同時に浮かぶもう一つの疑問。「さすがにマズくない?」

この矛盾する問題についてどう考えればいいのだろうか。

今の会社を「辞めるべき」か「続けるべき」か、そのメリットとデメリットを確認しよう。

 

増える転職敗者

かつての日本は、終身雇用と年功序列で社会は安定していた。しかしそれは昭和の話。

伸びきった日本経済はすでに伸びしろを失っているが、経済成長という幻を追いかけ続けている。

それに付き合わされる社員は不幸だ。そんな成長などありえないからだ。日本はもはや絞り切った雑巾。もうどんなに絞っても何も出てこない。

そんな社会に生きる国民は収入をわずかでも増やそう考える。転職もその手段のうちのひとつだ。こうして今や転職市場は盛り上がっている。

昭和とは違い、国も会社も面倒を見てくれない。逆に個人も会社を見切る。個人で判断・行動し、個人で収入を確保する時代。ドライな時代になった。

転職希望者が増えれば、当然、転職に関する悩みも増える。

転職したあとの期待外れな現実に戸惑い、どう対処するべきかわからないというのもそのひとつ。

こういう場合はメリットとデメリットを比較し、判断の材料としよう。

果たして、本当にすぐ辞めるべきなのかどうか。

 

転職してすぐ辞めるメリット

基本的に判断も行動も早い方がいい。スピーディな判断と行動は問題解決の基本である。

逆に、判断や行動が遅くなれば、もっと成功するはずのきっかけを失いかねない。

社会は常に変化しているし、自分も変化し続けている。

成功と失敗を分けるのはいつも一瞬。そして成功をつかむことができる人は、悩む間もなく判断・行動するものである。

 

転職活動の勘が鈍っていない

転職活動を行っている人の多くは、はじめての転職活動である。

彼らは転職活動の要領を得ず、職務経歴書も面接対策も完成度が低い。さらに面接では緊張でガチガチ。実力を発揮しきれていない。

ところが、一度転職活動で内定を手に入れた人は、慣れているため有利である。

転職活動の流れの中でどこにどのようにエネルギーを集中するべきか、モチベーションの保ち方などを体得している。

この転職活動を勝ち抜いた者が持つ余裕が、わずかの差で勝敗を決着する転職活動の場において、他の転職希望者を圧倒するのである。

経験の差はどの業界でも大きい。

 

人生がもったいない

仕事も転職もいかなる努力も、すべて自己実現に沿ったものであるべきだ。

だから、自分にとってやりたいことが実現できない会社はできるだけ早い段階で見切るべきである。

そうでなければせっかくの努力はむなしいものだし、何しろ人生がもったいない。

 

ネガティブなものを早い段階で見切ることを投資の世界では損切りという。

ネガティブなものがさらにネガティブになり、大きな損失を小さいうちに対処することを言う。

人生を生きていく上でもこの考え方は重要である。

自分にとってマイナスなものはズバズバ切っていこう。

最もいけないのは、これでいいのかなあ、と何もせずダラダラ続けることである。

 

成功と失敗を分ける小さな差

成功と失敗を分ける差はいつも小さく目に見えない。だから、後にならないとわからない。

辞めるべきかどうかを悩んで結論を一日先送りしてしまった結果、のちの人生を成功ではなく失敗に導く結果になりかねない。

社会は常に変化している。業界も激しく変化している。

内定が出るかどうかは本当にタッチの差であることは、一度転職した人なら理解できるだろう。

判断があと一日ずれていたら求人募集が締め切られていたかもしれないし、一日判断が早かったおかげで提出書類や面接の準備が間に合うかもしれない。

そんな不安定な世界で成功をつかむためには、一瞬だけ開く成功の扉に飛び込まなければならないのだ。

あなたが悩んで決断を見送った一日は、のちの人生でつかむはずだった成功をとに逃がしてしまった可能性があるのだ。

 

転職してすぐ辞めるデメリット

すぐ辞めることについて想起されるデメリットは大きい。次の転職活動における面接官への印象は良いものではないからだ。

しかし、すぐ辞めることのメリットに比べれば、リスクは小さい。そして、ハッキリ言って何とでもなる。

 

すぐ辞める人は印象が悪い?

どう考えてもすぐ辞める人の印象は良くない。反射的に「次は大丈夫かいな」と面接官に思われてしまう。

面接官も人間だ。この点は仕方あるまい。

しかし、心配はいらない。必ず挽回のチャンスが与えられるようにできている。

つまり、面接の場では「すぐ辞めること」に関して絶対に聞かれる。

こちらからすぐ辞めることの言い訳をしようとしなくても、相手が聞いてきてくれるのだ。こんな楽なことがあるだろうか。

 

対策は簡単だ。面接官を圧倒するような納得せざるを得ない理由を述べればいいのだ。

むしろすぐ辞めることで面接官から質問を誘導する心理トリックを仕掛けているようなものだ。

相手は必ずこの罠にはまる。面接官が人間である限り。

 

すぐ辞める理由の説明に困る?

転職を成功させる人は、今の仕事を辞めざるを得ない理由をスッと答えられる。

職場の不満を改善しようと試みた。手を尽くしたがダメだと悟った。だから、転職の決断に迷いはなく、理由も明確である。

一方、「すぐ辞めると印象悪いよなぁ」、「すぐ辞める理由を聞かれたらなんて答えようかなぁ」などと今から考えているような人は、転職するにはまだ早い。

 

この違いは、転職を自己実現の手段だということを理解できているかどうかにかかっている。

転職を成功させる人は、会社の選び方、働き方、考え方、行動のすべてに筋が通っている。

その「筋から外れるから転職という手段を選ぶ」という、単純だが力強い論理がある。

しかし、「今の職場に不満だから」という理由で転職を選ぶ人は、まるで筋が通っていない。

だからどこの会社・仕事にも不満ばかり。考えも行動も一貫せず、転職の理由が不明確。

すぐ辞めることに関して悩むのは、転職の必要性に関する考察が浅はかだからである。

 

転職と自己実現の関係性について、いまいちピンと来ないという人は、下記に述べている「すぐ辞める人への質問」に答えることができるかどうか試してみよう。

転職は「したい」ものではなく、「せざるをえないもの」「自分にとって譲れないもの」だということを理解できるようになるだろう。

 

最後に、忘れてはいけないのは、転職はトータルの勝負だということ。

すぐ辞めることの理由をうまく答えられるかどうかが、勝敗を決めるわけではない。

そもそも面接に呼ばれた時点で望みがある。すぐ辞めるとしてもその他の実績や優秀さをアピールできれば、十分勝ち抜けるのである。

 

すぐ辞める人に必要なもの

人間は、追い詰められると正常な判断力を失う。

「辞めたい」、「辞めるべきかも」と考えてしまうのは、もしかしたら転職後のストレスに疲れ切っているからかもしれない。

転職後は様々なプレッシャーがかかる。はじめての人間関係、信用の構築はまた一からやり直し。

覚えなければならないことはたくさんあるし、仕事の進め方は会社ごとに癖がある。

これらの中で他の社員と同様の実績を求められるのだ。

頑張ろうと本気で仕事に取り組んでいる人ほど、追い込まれる。そして「転職に失敗したかも」、「辞めるべきかも」と考えるようになる。

 

だから、「転職に失敗した」という考えは勘違いかもしれない。

「辞めたい」という気持ちは、逆に、「続けたい」という気持ちの裏返しかもしれない。

そしてその理由は、あなたが真面目すぎるがゆえに自分に与えるプレッシャーが強すぎた結果が生んだ可能性が高い。

そんな人がいま辞めるべきなのは、「会社」ではなく自分に与えすぎる「プレッシャー」である。

少し休もう。

家族を養っている人は、一人になる時間を作ろう。独身の人は、休日にしっかり寝るとか、気晴らしに好きなことに没頭しよう。

すこし休んで英気を養うことができれば、また転職直後に持っていた「やってやろう!」という気持ちを取り戻し、また元気に生き生きと働く自分に戻ることができるだろう。

 

すぐ辞める人への質問

転職が自分の人生にとってどのような位置づけなのかについても確認しておこう。

  • 人生で何を成し遂げたいのか。
  • 仕事はその中でどんな役割なのか。
  • その役割は、今の会社・仕事で果たせないのか。
  • あるいはどこの会社ならそれを果たせるのか。

転職ほど自分の人生を大きく揺るがす事件はない。環境があまりにも変わりすぎるからだ。

それほど重大な選択なのに、○○が嫌だから、というだけの理由で転職してしまうのは、浅はかだと言わざるを得ない。

採る方も採る方である。そこを見抜けない程度の面接官を抱える会社というわけである。

○○が嫌だから、という理由で転職をした人は、必ず転職先でも同じことを考える。

 

転職は楽園を探す旅ではない。ましてや自分探しの旅でもない。

もっともっと自分にとって働くこと、自分の人生に対して見つめなおし、これらの質問に答えることができるようになれば、あっさり転職を決めることも、転職を考えることもなくなる。

そのかわり、転職を決断するのも早く、迷わない。

だから、転職先の不満に転職を迷うようなら、まず自分という原点を振り返ってみよう。

必ず答えは、そこにある。

 

私の経験から言えること

私も転職の経験者である。

転職直後は覚えることも多く、「周囲の期待に応えなきゃ」というプレッシャーも強かった。

そのストレスせいか、熱などの風邪のような症状に悩まされた。

早く実力を発揮したいのに、何かが私を引き留めようとする謎の力が働いていた。

しばらくしてこうした症状はなくなったのだが、振り返ってみるとあれは自律神経失調症だったと思う。

当時は「風邪だ」と信じて毎日風邪薬と栄養ドリンクで乗り切った。とにかく必死だった。

 

どんなにストレスを感じても、どんなに残業時間が増えても、私は転職先に満足していた。

むしろ率先して仕事に取り組んでいた。朝早くから夜遅くまで。外資系企業の自由さも気に入っていた。

だから、転職に失敗したとか、すぐ辞めるようなことは考えたことがなかった。労働時間が悪化したのにもかかわらず。

こんなにも強いストレス環境下において辞めようと思わなかったのは、上に挙げた質問に対する答えが明確だったからだ。

 

労働環境の良し悪しは、自分の解釈次第である。

辞めたいと思う苦しさはわかるが、その理由に挙げているものは、転職を決意させるものとして説得力の弱いものである。その証拠にあなたは転職を迷っている。

 

転職に必要な志望動機は、実は労働条件・労働環境ではない。

もっと自分の人生、仕事観に根差したものでなければ、どんな転職先であっても失敗だと判断することになるだろう。

 

まとめ

転職後、こんなはずじゃなかった、という期待外れなことは多くあるだろう。

それは転職に限らず、就職にも言えたことである。

 

私の経験からも、周囲の話からも、大抵の会社員は会社の言いなり。

甘い言葉とごまかしで囲い込み、雇ってしまえばあとは、騙し放題。

私も私の周りにもそういう大人であふれていた。

それでもブツブツ言いながら続けざるを得ない。

 

この態度は会社を甘やかしている。

騙すくらいならやめてやるぞ、という脅しがいる。その方がお互いの健全な関係のために必要なのではないか。

今や一つの会社に勤める美徳はなくなった。会社が舐めるなら俺たちも会社を見切ろう。

 

ただし、会社を見切るという名目で、逃げる転職ではダメである。

逃げの転職では、転職先でまた逃げることを考える。

 

今一度自分にとって、仕事とは何か、働くこととは何かを見つめなおし、転職の目的を確固たるものにしよう。

それが次の転職を成功に導くモチベーションの源泉となるのである。

 

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.