転職するなら何歳まで?35歳転職限界説の真相

転職するなら何歳までなのか、転職したい人にとって気になる問題である。

転職市場で良く聞く、「35歳転職限界説」がささやかれる中、現在34~35歳の人には切実な問題だ。

 

果たして転職するなら何歳までがいいのか、35歳転職限界説は真実なのか。

私の転職活動を通じて感じた、印象を述べよう。

 

【結論】転職に年齢は関係なかった!

転職活動を総合的に見ると、年齢を気にする必要はない。

転職したい!という熱い思いを抱いている人は、年齢を気にすることなく転職活動を始めるべきである。

 

だが理解しておかなければならないのは、「求人を出す側」と「転職を希望する側」には、それぞれの事情やニーズがあるということである。

つまり、求人を出す側である企業の抱える事情によって、年齢を考慮するケースもありうる。

これは逆に考えれば、事情によって年齢を気にしない企業もあるということだ。

 

だから、あと少しで35歳、あるいは35歳を過ぎた、あるいはすでに40代の人も、年齢を理由に転職を諦めるのではなく、

このような企業との接点を作ることが転職を成功させるポイントになる。

 

もう1つ、注意しなければならないことがある。

30代も半ばを過ぎて転職を希望するなら、年齢なりの社会経験が問われる。

 

若い人に比べてこれまでの実績やリーダーシップ、マネジメント能力を見られるのは当然の事。

みんなが目指す有名企業であれば、なおさらである。

 

35歳以上でも転職を成功させるコツ

求人を出す側の事情

人材を集めるにあたって年齢を気にするかどうかは、企業が抱える事情による。もっと正確に言えば、人員が足りない部署の置かれた状況による。

 

例えば、社内の重要なプロジェクトを進める部署に欠員が発生した場合、企業側としては大急ぎで穴を埋める人材を確保しなければならない。

この事情がひっ迫した企業であるほど、年齢は重要視されない。

欲しいのは、穴を埋める即戦力であり、将来会社を引っ張るような人材の育成に主眼を置いていない。

 

一方、今後成長が見込まれる分野に注力するために、人材を確保・育成していく方針で求人をかけているなら、若い人材に目が行く。

 

このように、どのような人材を求めているかについての詳細は、外からはうかがい知ることはできない。

その企業や部署が抱える事情によるものだからだ。しかも、内部事情は常に変化するのである。

 

だから、この業界、この企業は若い方がいいとかそうでないとか、言い切ることはできない。必ずどこかにチャンスはある。

 

35歳以上でも転職を成功させるコツ

年齢を気にする企業がある中で、どうすれば転職を成功させることができるのだろうか。

そのコツは、人材確保に焦っている企業を受けることである。

早く穴を埋めたい、今すぐ人材が欲しい、と切羽詰まっている企業に応募すること。

 

しかし、外部からは内部事情を知ることができないので、やってみるしかないというのが実態。

ヒントとしては、ずっと募集をかけている企業や、転職サイトに登録しただけでアプローチを仕掛けてくる企業ということになるが、自分の希望としっかりすり合わせることが重要である。

 

焦った転職には後悔が待っている。

目の前の餌に飛びつくのではなく、常に冷静に自分と向き合って会社選びをしなければならない。

 

私の感想

転職活動中、転職活動後を振り返ると、転職に年齢は関係していない印象がある。(業界や業種によるのかもしれないが。)

面接会場では、他の転職希望者と顔を合わせることになるが、本当に年齢はバラバラ。20代もいたし40代もいた。(見た目的に。)

ただ、印象としては30代が多いかな、という印象があった。

 

私はギリ35歳で転職することができたが、採ってくれた上司は明らかに年齢を気にしていなかった。(むしろ実年齢より若く見られていた。)

同時期に入社した同僚もアラフォーだし、周りには40代で入ってきた人もいた。もちろん20代の若い人も。

結局、転職の勝敗を決めるのは、募集する側のニーズに応えられそうかどうか、にかかっている。

 

そこで重要になるのは、前職での実績や、前向きな姿勢を総合した説得力である。

モデル事務所や芸能事務所に入るわけではないのだ。年齢は気にする必要はない。

 

「転職するなら何歳までか」を気にする人の特徴

年齢が気になって転職しようか迷ったり、転職活動がうまくいかないのを年齢のせいにする人は、注目するべきものを間違っている。

年齢が気になって転職を決意できない人

転職を決断できないのは、自分にとっての転職の必要性を感じていないからである。

 

一体自分の人生で何を成し遂げたいのか、どのように生きるのか。

その中で仕事はどんな役割を果たすのか。

それは今の仕事では無理なのか。

 

これらの質問に明確に答えることができた時、転職の必要性を腹の底から理解できたことになる。

 

ここまで転職の必要性を深く理解できた人にとって、年齢は気にならない。

バシバシ書類選考を進めるし、面接対策では自分の強みを押し出そうと考える。決して年齢を弱みと考えないし、そこをフォローしようとも考えない。

転職に関して、注目するべきは年齢ではないことを知っているのだ。

 

転職活動がうまくいかないのを年齢のせいにする人

年齢を気にしている人ほど、年齢以外の面で落とされる。

 

年齢が気になって仕方がないのは、年齢の割に少ない実績に目を向けることができないからである。

だから、提出書類や面接対策でも、伝え方は実績をごまかすような伝え方になる。

 

どんなに隠そうとしても、面接官が聞きたいのは実績である。

これまで仕事にどう向きあい、どのように遂行してきて、これからどう働いてくれそうか。ここを聞きたいのである。

 

だが、その部分をごまかされたら聞きたいことが聞けないし、不信感が残る。だから落とされる。

年齢を気にする人ほど、自分の実績と向き合おう。

 

実は実績に自信がないと思っているのは自分だけで、立派な仕事をしてきているものである。

立派な実績が立派に見えるのではない。誇りを持って働いたことが、立派な実績に魅せるのである。

 

まとめ

転職は結婚に似ている。面接は、さしずめ、「お見合い」と言ったところか。

結婚に求める条件は人それぞれである。

 

結婚相手に年齢を求める人もいれば、そうでない人もいる。年収を求める人もいれば、そうでない人もいる。

そしてお互いのニーズが一致したときはじめて関係が作られる。転職の場合、内定というわけだ。

 

転職において最も大事なのは、自分にとっての転職の必要性を理解することである。

そして自分にとっての転職の必要性を理解できているなら、年齢を理由に諦めるはずがない。必ず突破口を探す。

 

ところが、転職するなら何歳までかと「35歳転職限界説」や年齢を気にしてしまう人は、転職から逃げようとしている。

これは転職の必要性を理解できていない証拠だ。

転職するにあたり、年齢を気にしてしまう人は、今一度、自分の人生にとって転職がどのような位置づけになるのか自覚する必要がある。

 

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.