【転職成功の秘訣】転職の勝ち組になるための心理戦術

何かを成し遂げるために大切なのは、テクニック論と精神論。

この2つは車の両輪の役割を果たしていて、どちらか片方だけでの目標達成は難しい。

 

にもかかわらず、転職に関する書籍やネット記事には、テクニック論しか見当たらない。

しかし、実は精神論にこそ、成功の秘訣が隠されているのだ。

 

私がおすすめしたいのは、本記事で紹介する2つの秘訣。

これを実践すれば、あなたの転職は成功が約束されたようなものだ。

 

もちろん、その効果は私が実証済み。

それでは、私が実際に転職活動で効果を実感した2つの秘訣を紹介しよう。

 

転職成功の秘訣 その1 「ドヤる」

転職希望者の多くは、採用担当者に対して「気に入られよう」、「機嫌を損ねないようにしよう」と

平身低頭な態度になりがちだ。

しかし、このような姿勢では、最後まで勝ち残ることは難しい。

 

採用担当者が求めているのは、下手に出る人よりも自分たちと対等に話せる人。

それを実感させるためには、こちらは高いプライドを持って転職活動に臨むべきなのである。

 

ドヤる効果

・説得力が生まれる

自分の実績やスキルにプライドを持つと、応募書類や面接での質疑応答に使われる言葉は自然に断定形が増え、説得力が漂う。

特に、面接の場ではこれらに加えて、目つき、語気の強さ、声の大きさ、姿勢が加わり、面接官を圧倒する。

 

・印象に残る

こうして生まれた説得力は感動と共感を生み、その人の良い面に意識を集中させることができる。

そして、「会ってみよう」、「一緒に働いてみよう」という前向きな気持ちを引き出すことになるのである。

 

転職活動とはいえ、その本質は人と人のコミュニケーションである。

こちらが熱を持って接すれば、必ず相手にその熱は伝わるのである。

 

ドヤる方法

「私は世界で一番優秀な人材である。」という設定を自分にインストールする。

「私のおかげで世界の経済は回っているのだ。」と考えるくらいでちょうどいい。

そして、

  • どうだ!すごいだろ。
  • 私を採らないと損するよ?
  • 私があなたの会社を救おう。

というスタンスで、応募書類の作成や面接での会話に臨むのである。

まるでカリスマ性を持った政治家が大衆の前で演説するように、自信をもって過去の実績と未来に対する希望を語るのである。

 

WIN-WINの関係を目指す

転職活動は、新卒採用と違ってこちらがお願いして雇ってもらう場ではない。

採る側と採られる側の間に上下関係は存在しない。

 

お互いに求めているものを与え合って、さらに高めあう関係になれることが理想だ。

転職とは、それを見極める絶好の機会でなのである。

 

転職成功の秘訣 その2 「こだわる」

残念なことに、転職後に転職したことを後悔するケースが少なくない。

しかし、こうした悲劇は、転職した本人の人格や新しい職場に問題があるわけではない。

 

転職は、転職前の不満を解消できるものでなければならない。

それを実現するためには、徹底的に自分の希望(理想)にこだわるべきなのである。

 

こだわる効果

・合格率が上がる

徹底した自己分析で自分の希望条件を見極めることができれば、応募企業の選択と集中ができる。

これにより、応募者は本命企業にのみ時間とエネルギーを投じることができ、完成度の高い応募書類の作成や面接の準備が可能になる。

 

・転職後の満足度が高い

徹底した自己分析ができていれば、そもそも転職後に再び不満を抱くような企業(職種)に応募することはない。

このような妥協しない姿勢が、後悔しない転職を実現するのである。

 

つまり、転職後の満足度は転職前に決まっている。

後悔しない転職は、自分と向き合い、自分の希望を明確にすることから始まるのである。

 

自己分析のやり方

自分の希望を明確にするためには、自分の人生観や仕事観から逆算すると良い。

そうすれば、転職の目的が明確になり、応募する企業(職種)はブレることがなくなる。

例えば、

・今までの努力を無駄にしたくない。

→大学で学んだ知識、現職で身に着けたスキルを活かせる職種

・家族を大切にしたい。家族と過ごす時間を増やしたい。

→拘束時間が少ない&転勤がない企業(職種)

・人生で一番大切なのはお金。とにかくお金が欲しい。

→とにかく給料の高い企業(職種)

 

このように、転職はを自己実現の手段として考えよう。

そのためには、理想の生き方や理想の働き方を明確にして置くことが重要である。

 

希望にこだわろう

実際に転職してみないと分からないことも多い。しかし、それを頼りに転職するのはリスクが高い。

転職はギャンブルではない。

 

何が自分を満足させるのかをよく分析し、それを満足させる企業以外に応募しない。

というスタンスを貫けば、転職は間違いなく成功する。

 

・関連記事:会社選び

 

まとめ

以上が、私が実際に転職活動を通して見つけた合格のコツだ。

これらのおかげで私は新天地でやりがいと年収アップを手に入れることができた。

 

これから転職活動を始める人、転職を考えている人は、是非ここに示した2つの秘訣を活用していただきたいと思う。

健闘を祈る。

 

・関連記事:【転職活動の裏ワザ】内定獲得を引き寄せる意外な方法

 

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.