職務経歴書の書き方まとめ

自分の希望にマッチする求人情報を見つけたら、早速、応募しよう。

この時、履歴書と職務経歴書の提出を求められるのだが、特に重要なのは職務経歴書である。

 

職務経歴書とは、自分の経歴やスキルをまとめた資料のこと。

採用担当者はこれを読んで、「自社が求める人材像にマッチしているかどうか」を判断する。

 

さらに、この書類は面接でも質疑応答のネタとして使われる。

職務経歴書は、書類選考で役目を終えるわけではないことを知っておこう。

 

転職活動において、職務経歴書が果たす役割は大きい。

この書類の完成度の高さが、勝負を決すると言っても過言ではない。

 

それでは、職務経歴書の書き方のポイントを解説しよう。

 

職務経歴書の書き方

ほとんどの企業は、職務経歴書のフォーマットを指定しない。

しかし、職務経歴書に書くべき内容は定型化しているため、何を書こうかと悩む必要はない。

 

職務経歴書に記載する内容

①概要

②経歴

③経験、実績、技術

④保有スキル、知識、資格

⑤自己PR

 

職務経歴書の書き方

①概要

現職の業種、これまでの経歴を簡潔にまとめ、自分がどんな人材であるかを示す。

 

②経歴

在籍している企業の規模と、そこでの実績を表形式でまとめる。

 

③経験、実績、技術(←メイン)

上記に示した経歴のうち、アピールしたい実績を2~3つほどピックアップする。

この時、5W1Hを意識して書くと読み手は読みやすくなる。

  • どんな業務を    (プロジェクト名、仕事の目的、など)
  • どんなポジションで (プロジェクトリーダー、○○担当、など)
  • 何を担当して    (プロジェクト内での担当業務)
  • どのように進めたのか(←超重要!)

ここでは、どのようなスキルを使って、どのように仕事を進め、どのような成果が得られたのかを具体的に書く。

この内容が、募集企業側が求める人材像をイメージさせるものになっていれば、書類選考は通過する。ただし、ウソはダメ。(←面接でバレる。)

・注意点①

社内でしか通用しない専門用語や言い回しは避け、読み手にイメージしやすい表現にまとめること。

・注意点②

詳しく書きすぎて冗長になるのも良くないので、本質的な部分のみを抽出すること。

・注意点③

異業種への応募の場合は、自分の経歴の中から応募企業が求める人材像にマッチする部分を重点的に書くこと。

 

④保有スキル、知識、資格

保有している知識、資格、スコアのうち、応募する業種にマッチしたもの(生かせるもの)を書く。

 

④自己PR

上記に示した経歴やスキルを再度提示し、募集している人材像に自分がマッチしていることをアピールする。

最後に、意気込みを述べて締めくくる。

 

最適なボリュームは?

一般的に、A4サイズ2枚がベストと言われている。

短すぎるとアピールしきれないし、長すぎると読み手をうんざりさせる。

私はA4サイズ3枚書いた。

 

職務経歴書作成のポイント

職務経歴書は、立派な経歴や高い実績よりも「わかりやすいこと」が重要。

それでは、職務経歴書をわかりやすい資料にに仕上げるポイントを解説しよう。

 

冒頭部分の重要性

書類を目にしてまず目に飛び込んでくるのは、冒頭の概要欄。

まずはここで、企業が求める人材像と自分がマッチしていることをアピールしよう。

 

簡潔に

知りたいことが簡潔にまとめられた文章は、読み手にとって理解しやすい。

冗長な表現を避け、話題の選択と集中を行い、できるだけコンパクトにまとめよう。

 

数字で示す

経歴や実績を数値で示すと、成果がイメージしやすいし、説得力が増す。

できるだけ成果は、数値で表すようにしよう。

 

実績の横取り

謙虚な人は、成果を自分が担当した一部分しかアピールしない傾向がある。

しかし、経歴や実績にはチーム全体で達成した成果を書いてもOK。

 

ドヤる

書類に説得力を持たせる究極の方法は、ドヤること。

「私は優秀だ!」「私があなたの会社を救う!」という意気込みで書類作成に臨めば、自動的に上記に示したポイントを押さえた力強い資料が完成する。

 

書類には、必ず書き手の姿勢(心理)が現れる。

職務経歴書作成で重要なのは何を書くかではない。どんな気持ちで書くか、なのである。

 

※関連記事:【転職成功の秘訣】転職の勝ち組になるための心理戦術

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.