【転職活動の裏ワザ】内定獲得を引き寄せる意外な方法

年々、転職のニーズが高まっている。

実際に多くの社会人が、やりがいのある仕事を求めて新天地獲得を目指して活動している。

 

しかし、内定獲得までには何枚もの壁を乗り越えなければならない。

これを「短期間」かつ「最小の努力」で実現するには、多少のコツがいる。

 

私がおすすめしたいのは、本記事で紹介する2つの裏ワザ。

これを使えば、あなたの内定獲得率は何倍にも跳ね上がる。

 

もちろん、その効力は私が実証済み。

それでは、私が実際に転職活動で効果を実感した2つの裏ワザを紹介しよう。

 

裏ワザその1 転職サイトの2個使い

転職サイトとは、求人を出す企業と転職を希望する人材のマッチングを目的としたサービス。

登録者はこのサイトを通じて、様々なサポートを受けることができる。

しかし、それでもできることは限られている。

 

内定獲得を確実なものにするためには、この活用の幅をできるだけ拡大したい。

それを実現する方法こそ、今回紹介する転職サイトの2個使いである。

 

2個使いのメリット

 

・入手できる求人情報が増える

1つのサイトから得られる情報よりも、2つのサイトから得られる情報の方が多いのは当然のこと。

転職サイトは利用する数が多いほど多くの情報に触れることができ、希望の求人情報に触れる確率も増える。

 

・合格率の高い求人情報が見つかる

2つのサイトに共通している求人があれば、それはニーズが高い証拠。

新規プロジェクトの立ち上げなどで複数の人数を募集している可能性があり、合格率は高い。

 

つまり、転職サイトを複数利用することで、それまで見えてこなかった内定獲得の可能性を見出すことができるのだ。

 

2個使いは負担にならない

 

・準備が不要

転職サイト登録時にインプットを求められる情報(希望する職種など)はどのサイトでも共通しているので、利用するサイト毎に新しい準備をする必要はない。

 

・無料

一般的に転職サイトの利用は無料なので、複数のサイトをいくつ同時に利用しても利用料金は無料のまま。

 

つまり、登録する転職サイトが1つでも10個でも、利用者にかかる負担は変わらない。

あるとすれば、ログインする手間ぐらいである。

 

本気なら2つ登録しよう

以上のように、複数の転職サイトを利用することは、得られるメリットが大きいわりに負担も軽い。

まさに、ノーリスクハイリターンである。

 

もし、あなたが本気で転職したいなら、転職サイトは最低2つは登録するべきである。

 

・関連記事:内定獲得を早期実現!転職サイトの賢い使い方

 

裏ワザその2 逆説的に志望動機を作る

転職活動の最終ステップで行われる面接で、面接官に聞かれることは決まっている。

志望動機がその典型で、この準備の完成度が合否を明確に分ける。

しかし、これを上手に伝えることができる人は少ない。

 

志望動機は、100%ポジティブな内容であることが理想的。

そこで紹介したいのは、新しい視点から見た志望動機の作り方である。

 

よくある失敗の傾向と対策

転職を始めるきっかけは、仕事や人間関係の不満など、ネガティブな要因であることが多い。

真面目で素直な転職希望者は、志望動機を聞かれてこれをそのまま伝えてしまいがちだ。

 

しかし、それを正直に伝えてしまうと、内定獲得は難しい。

たとえそれに向上心を見せるなどのフォローを加えたとしても、もう手遅れ。

 

一度芽生えたネガティブな印象を覆すことは困難で、立派な経歴もせっかくの努力も台無しにしてしまう。

結果はもちろん、不採用の可能性が高い。

 

理想的なのは、100%まじりっけなしのポジティブな内容であること。

それを作るコツは、視点の切り替えである。

 

理想的な志望動機の作り方

志望動機は、未来を起点にして考えると良い。

そうすると希望に満ちた前向きなものになる。

例えば、

 

【目標(未来)】

A社のBという仕事に就きたい

 

【志望動機の例】

・現職よりも社会的影響力の強いA社で社会に貢献したいと考えた。

・現職を続ける中で、しだいにBという仕事に関心を寄せるようになった。

・現職のBという仕事が社内の事情により継続困難になったため、A社でこの仕事を続けたいと考えた。

 

すると、さも現状に不満はなく、さらに上を目指しているかのように感じられるから不思議だ。

しかも、これは嘘をついているわけではない。

 

本音と建て前を使い分けよう

こちらが明かさない限り、存在しないのも同じ。

わざわざネガティブなことを言う必要はない。

 

面接は、大人と大人の社交の場。

そんな大人の世界でうまくやっていくには本音と建て前を使い分ける器用さが必要だ。

 

・関連記事:勝てる志望動機の作り方

 

まとめ

以上が、私が実際に転職活動を通して見つけた合格のコツだ。

これらのおかげで私は新天地でやりがいと年収アップを手に入れることができた。

 

これから転職活動を始める人、転職を考えている人は、是非ここに示した2つの裏ワザを活用していただきたいと思う。

健闘を祈る。

 

・関連記事:【転職成功の秘訣】転職の勝ち組になるための心理戦術

 

Copyright© 超転職術 , 2020 All Rights Reserved.